メディア業界のDXに関する実態調査を実施

2021年6月に、国内の媒体社関係者を対象に「企業におけるDXに関する実態調査」を実施しました。

今回の調査は、メディア業界のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)における全体取組進捗を把握するとともに、企業の中でDXにおいてどのような課題があるのかを正確に測ることを目的に実施いたしました。

<DXに関する実態調査結果ポイント>

1.DXに取り組んでいる媒体社は全体の55%。「取り組む予定」まで含めると81%の媒体社がDXの取組を推進している。




2.専門人材、専門部署に関して、ともに47%が「ない」と回答、およそ半数にのぼる。





3.DX推進の障壁に関しては「社員全体のITリテラシー不足」と回答した社が42%。人的リソースとともに、全体的なITリテラシーに課題を感じる媒体社が最も多い結果となった。





調査結果詳細はこちら「企業におけるDXに関する実態調査」 

https://www.cci.co.jp/news/2021_07_13/1-148/


■調査概要

調査実施期間:  2021年5月19日(水)~2021年6月14日(月)

調査方法  :  インターネット調査

調査対象  :  CCI取引媒体社様

有効回答数 :  76社分