TORAMe presents ウェビナー第1弾『クッキーレス対策やサブスクビジネス、メディアが直面する課題をDXでどう解決したのか?』実施のお知らせ





CCIのDXを推進するサービスTORAMeでは、「メディア特化型DXサービス TORAMe presents ウェビナー」をシリーズ開催しており、今回はその第1弾として4月26日に『 クッキーレス対策やサブスクビジネス、メディアが直面する課題をDXでどう解決したのか? 〜 求められるデータ戦略、扶桑社様・ジャパン タイムズ様の事例をご紹介 ~』を開催いたしました。



パネルディスカッションでは、モデレーターによる「メディアの課題感」に関する議題に対し、パネリストより「クッキーレス対策としての1st Partyデータの取り組み」「サブスクビジネスにおけるメディアマネタイズ」などが実際の取り組み事例を交え議論されました。


取り組むまでのハードルや実際に取り組まれてからの試行錯誤など、課題に対して取り組まれてきた企業様ならではの実体験をもとにしたお話を伺うことができ、「クッキーレス対策」や「メディアマネタイズ」などの課題解決へのヒントが得られる時間となりました。




『メディア特化型DXサービス TORAMe presents ウェビナー』では、媒体社のデジタルビジネスに様々なファインディングスをご提供していくべく年間を通してウェビナーを実施しております。


次回は6月頃予定しておりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。